田口乳業株式会社MORE TASTY MORE HAPPY

米国NASA開発のHACCP

米国NASA開発のシステムを取り入れて品質管理を行っています。

製品造りには万全をつくす。これは当然のことで、ことさら取り立てて言うことでもありません。でも時代が進むにつれて、より高度な品質管理の方法が生まれ、より確かな製品を人々に送り届ける努力が必要となってきます。田口乳業ではHACCPという食品衛生管理システムを取り入れています。これはアメリカで宇宙食の安全性を確保するために開発されたもので、「危険度分析による衛生管理」と訳されます。従来、品質管理は出来上がった製品の一部を検査することで、安全性を調べていましたが、HACCPは、原材料から加工・包装・出荷・消費に至るまで、すべての段階において発生する危害を想定して、未然に防ぎます。会社のもっとも大切なものは信頼。その信頼を損なわないためにも、常に最善の品質管理を行っています。企業の品位やモラルが問われる時代。それ以前から私たちは、万全の体制を整えてきました。

信頼性の高いHACCP導入

殺菌やエージングタンク、アイスクリームフリージング、パッケージングなどすべてにわたる工程で、HACCP管理を行い、徹底した品質管理を行い、信頼の高い製品をお届けしています。

※食の国際化などにより原材料・製品が国際的規模で流通し、また、環境・微生物による汚染が問われ、従来の「検査方式」では、危害を十分に防止することは困難になりました。そこで、もっと効果的な手段として、HACCP方式が登場してきました。このシステムでは、各重要管理点の管理結果を記録・保管しており、製品の履歴や工程管理の状況を確認することができます。よって万一に事故が発生した場合でも、記録をたどることにより原因究明ができ、製品の回収や製造ラインの改善措置などの対策を素早く行うことが可能となります。

戻る

米国NASA開発のHACCP製造ライン
Copyright (C) 2009 TAGUCHI & CO.,LTD. All rights reserved.